夢花様お席

 おはよ~~~!

昨日に続き、本日もピカピカちゃんのお天気の赤倉温泉スキー場だよ~ん。

今シーズンの日記が始まって、夢花ちゃんの代理を「雪華 蒼くん」が書き込んでくれました!

昨日の日記・・・蒼くんがあんなにも気のきいた文章をかくなんて、夢花ちゃんはビックリよ。

まぁ・・・・・わたくしの文章力にはかなわない、けどね。(笑)

その、日記の更新を休んだ夢花ちゃんは、どこへ行ってたの?、と申し上げますと・・・・

昨日は、赤倉観光リゾートのチャンピオンゲレンデで行われていた「新潟県高校スキー大会」

の「うぐいす嬢」のお仕事に行ってきました。

この日記を100年間読み続けているみなさんは、わたくしが「スキー大会」や「選挙」等の「うぐいす

嬢」であることは知っていますよね!

今シーズンから「夢花日記」」を読みはじめた方・・・・そう言う事です、夢花ちゃんは美声の持ち主

「うぐいす嬢」なのよ!

そこで、本日のお写真は、昨日の「夢花さまのお席」・・・仕事場です。

スキー大会の放送係は、大変に重要な・大事な・仕事なんですね・・・。(どの、ポジションも大事

ですが・・・)

夢花ちゃんは、この仕事をもう・・・四半世紀もしています!(夢花ちゃん、って何歳なの?って思い

ませんか(笑))

私次第で・・・スキー大会の評価が決まるんです(笑)。だから、地元役員のおじ様の・・・夢花

ちゃんへの貢物の多いこと・・・・・・(笑)。

昨日は、ヨッシーが大好物のチョコレート、せっきーがお饅頭詰め合わせ、ひろぽんは貢物な

し!きゅうちゃんもなし!たけちゃんなし!だいちゃんなし!ともちゃんなし!かねごんもなし!

くまちゃんなし!つとちゃんなし!その他・・・なし!ハハハ・・・持ってこない人の方が多いじゃ

んかぁ~~~~。まったく・・・私にあれだけ仕事をさせておきながら、イヤな人たちだわ。

私に貢物がない人の言う事なんか・・・もう、この先・・・・・・お手伝いしないわ。

なんて・・・言いながらも、言うだけで・・・・、本当は、まじめにきっちりと仕事をこなす夢花です。

さ!今日も忙しいわ・・・命がけで仕事しよ!っと。

 夢花 碧

20120117092307.jpg

“夢花様お席” の続きを読む

嬉しいカギリ

今日は夢花ちゃんの代わりに親友?(勝手に思い込んでいる) 雪華蒼(ゆきはなそう)がブログっちゃいます。

宜しくお願い致します。

 

最近、大忙しの夢花ちゃん。

どうしても今日だけはブログれないって言うので代打で夢花日記を書いています。が、何を書いていいのやら・・・

 

今年の赤倉はホント笑っちゃうくらいの雪、ゆき、ユキ。

掘っても掘っても上から降ってくるユキ。

もう少しロマンチックに降ってくれ!って言いたくなるくらいの見事な降りっぷり。感心します。

何日か前に夢花ちゃんも神様にお願いしていたようですが、今年の冬将軍様は何をお怒りなんでしょう?

でも雪華は冬が大好きです。

春 夏 秋とそれぞれの季節には様々なカラー(色)があるけど、冬は何色にも染められる「白」。

思いおもいに自分色に染める事ができる「白」。そんな素敵な季節を経験できる幸せを日々感じながら雪堀りを楽しんでいます。

 

そんなユキも時として、交通障害を引き起こしたり、雪崩れてみたりと人間の生活に大きな影響を与えてしまう強烈なパワーをもってます。そんな自然の猛威を感じながら生活していると、自然から受ける産物として生活の一部になり、共に生きる強さをもらえ、尚且つ耐える強さまで私に与えてくれます。雪国の人々の強さ、優しさ、大らかさはこの季節を乗り越えてきたからに違いありません。

近年、季節に関係なく様々な食材が手に入る世の中にいつからかなってしまい「季節感」を感じ取れずにいる人々が増えているとあるテレビ番組で言っていた事を思い出しました。だからこそ季節を感じに外に出る。自然を感じに外で遊ぶ。雪山はとってもイイ所です。生身の人間が自然をおもいっきり感じ取る事のできるウィンタースポーツは心も体も元気にしてくれる。何より気持ちイイ~って感じる事のできる外アソビです。

そんなユキに感謝、感謝です。

 

雪山で遊んで、冷えた身体は温泉で温め、冷たいビールで胃袋を刺激し、美味しい料理に舌鼓を打って、床に就く。これが赤倉温泉の攻略法です。

雪華は雪堀りで熱った身体と汗を温泉で洗い流し、日本酒で一日の疲れを癒すオヤジ化した生物ですが、雪山が大好きで降り続く雪にワクワクしながら赤倉温泉を満喫しています。

ホント雪に感謝、嬉しいカギリです。

冬将軍さんありがとう!

 

                                                    雪華 蒼

 

IMAG0174.jpg

“嬉しいカギリ” の続きを読む